インタビュー|埼玉県入間市の歯医者・歯科|ジョンソンタウンデンタルクリニック

〒358-0002
埼玉県入間市東町1-6-10

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

「歯科の雰囲気が嫌」「痛いのが苦手」という方にも、お力になりたいと思います

患者さまに接する際に私が心がけているのは、お気持ちに親身に寄り添うことです。治療終了後に患者さまが笑顔になり、「この歯科医院と出会えて良かった」と感じていただくことを目指し、診療に取り組んでいます。

打ち明けづらいお悩みがある方、治療に恐怖心がある方にも、私たちがお役に立ちたいと思います。

歯科について幅広く学び、今も研鑽を続けています

患者さまのご要望は、一人ひとり違います。皆さまのニーズに対応できるよう、分野を絞らず歯科全般を勉強しました。一般的な歯科診療については言うまでもなく、矯正治療、インプラント治療も習得しています。

さらに、現状に留まることなく、今でも知識や新しい技術を取り入れることを怠りません。皆さまのため、今後も学び続けていきたいと思います。

患者さまへのアドバイスは、信頼関係があればこそだと思います

お口の健康は、歯科医師だけの力では実現できません。患者さまとの協力があって成り立ちます。治療で良くなったお口の状態を維持するためにセルフケアの方法などをお伝えしていますが、こうしたアドバイスは私との信頼関係があってこそ実践していただけるものではないでしょうか。そのため、まずは信頼関係を築くことを大切にしています。

気軽に相談しやすい雰囲気を支えるのは、優しいスタッフの存在

当院のスタッフは、患者さまに優しく親切な対応をしてくれていると思います。治療後の患者さまに「お疲れさまです」と明るい笑顔で言ってくれるスタッフの存在が、気軽に相談しやすい雰囲気作りに一役買っていると思います。

スタッフに呼びかけているのは、「誰にでも優しく」ということ

院長としてスタッフに期待しているのは「誰にでも優しく、笑顔で接する」ことです。スタッフのほうでも応えてくれており、患者さまだけでなく、業者さんにも丁寧で気持ち良い対応をしてくれています。当院を支えてくれる方々とも良い関係作りができて、とても助かります。

最初はここに住もうと思ったくらい、お気に入りの物件で開院

ここで開院したきっかけは、アメリカ風の建物をすごく気に入ったからです。「ここに住みたい」と思っていたくらいでしたが、オーナーから開院の要請をちょうだいし、ここで歯科医院を始めることにしました。こうした経緯でしたが、今ではこの土地で歯科診療を行うことにして良かったと感じています。よくある医療機関の雰囲気とは違う、気さくな感じの歯科医院になったと思います。

この街の特徴といえば、まるでアメリカのような町並み

当院があるのは医院名と同じ「ジョンソンタウン」と呼ばれる地域で、アメリカ郊外のような雰囲気が特徴です。小さな雑貨店などが充実しており、動物好きの方が多いのかペット同伴OKのお店もあります。当院の前で猫をかわいがっている方も、よく見かけますよ。

痛みが苦手な方は少なくないと思います

歯の治療を受けなくてはと思いながらも、痛みが心配という方は多い傾向ですね。お問い合わせをいただくこともありますし、ご来院時に緊張している方もよくお見受けします。そのため、私は患者さまとのコミュニケーションを多く取り、リラックスしていただけるように配慮しています。不安がなくなったことで、定期的に通ってくださる患者さまもいらっしゃいますよ。

私が治療を受けるのだったら、院内の清潔さで選びます

気持ち良く治療を受けるためには、清潔さが大切だと思います。ぜひ、診療台の周辺が片付いていて清潔感があるか確認してみてください。